マイタック、GPS標準搭載のPDA「Mio168RS」 マップコードやリアルタイム位置表示に対応 | RBB TODAY

マイタック、GPS標準搭載のPDA「Mio168RS」 マップコードやリアルタイム位置表示に対応

IT・デジタル その他

 マイタックジャパンは、GPSを標準搭載したPDA「Mio168RS」を7月20日に発売する。これは、2月に発売したPDA「Mio168RS」に採用されているナビゲーションソフト「MioMap」をバージョンアップしたもの。
  •  マイタックジャパンは、GPSを標準搭載したPDA「Mio168RS」を7月20日に発売する。これは、2月に発売したPDA「Mio168RS」に採用されているナビゲーションソフト「MioMap」をバージョンアップしたもの。
 マイタックジャパンは、GPSを標準搭載したPDA「Mio168RS」を7月20日に発売する。これは、2月に発売したPDA「Mio168RS」に採用されているナビゲーションソフト「MioMap」をバージョンアップしたもの。バージョン表記は、1.2Jとなる。価格はオープンで、実売予想価格は従来と変わらず73,290円。

 なお、ハードのスペックに変更はなく、現行製品のユーザーへは期間を限定して無償バージョンアップサービスを行う予定。

 Mio168RSは、GPSのモジュールとアンテナを搭載し、パーソナルナビゲーションソフト「MioMap」を標準装備したPocket PC。地図情報として全国地図を収録した1GバイトのSDメモリカードが標準添付されており、地図のカラー表示、音声ガイド機能などが搭載されている。

 今回バージョンアップしたMioMap 1.2Jでは、現在位置のリアルタイム表示への対応や、全国17万カ所の施設や店舗、観光地などが検索可能になったことに加え、旅行雑誌やWebに掲載されている「マップコード」による検索にも対応。また、表示中の場所をマップコードとして表示することも可能となっている。

 さらに、オプション製品が新たにラインアップされている。追加されたオプションは、オートバイ向けとして、マグネットでガソリンタンクに固定する「タンクトップバッグ」と、ハンドルなどに装着する「マウントキット」の2種。加えて、海外でも利用できるナビゲーションソフトとして、MioMapの「北米版」と「欧州版」が用意されている。
《村上幸治》
page top