BIGLOBE、ISPのメールサーバを使わない迷惑メールの送信を制御する対策を実施 | RBB TODAY

BIGLOBE、ISPのメールサーバを使わない迷惑メールの送信を制御する対策を実施

ブロードバンド その他

 BIGLOBEは11日、迷惑メール送信に対する新たな方策として、BIGLOBEのメールサーバを経由しない「直接送信」におけるメール流量制御を、7月中旬から実施すると発表した。これにより、BIGLOBEから送信される迷惑メールの9割削減が実現できるとしている。

 BIGLOBEユーザーのメール送信方法には、BIGLOBEのメールサーバを経由する方法と、自営のメールサーバからほかのISPや携帯キャリアなどのメールサーバへ送信する「直接送信」の2通りがある。

 今回実施される迷惑メールの送信対策は、同一IPアドレスから直接送信で大量にメールを送信するメール送信者の、一定時間内における送信可能流量を制御するものだという。これにより従来のすべての直接送信をブロックする方法では困難であった、大量メール送信者のみを対象とした送信対策が可能になるとしている。
《村上幸治》

特集

page top