オリンパス、カラー有機ELディスプレイ搭載オーディオプレーヤー「m:robe MR-F10/MR-F20」 | RBB TODAY

オリンパス、カラー有機ELディスプレイ搭載オーディオプレーヤー「m:robe MR-F10/MR-F20」

IT・デジタル その他

m:robe MR-F10(ブラック)
  • m:robe MR-F10(ブラック)
  • m:robe MR-F10(ホワイト)
  • m:robe MR-F20
 オリンパスイメージングは、同社の携帯ミュージックプレーヤー「m:robeシリーズ」のラインアップとしては初めてとなる、フラッシュメモリ搭載のプレーヤー「m:robe MR-F10」「m:robe MR-F20」の2機種を、7月下旬から順次発売する。

 新機種のラインアップは、MR-F10が512Mバイトモデル(ブラック、ホワイト)と1Gバイトモデル(ブラック)。MR-F20は512Mバイトモデル(ホワイト)のみとなる。価格はすべてオープン。

 m:robe MR-F10/MR-F20は、約65,000色のカラー有機ELディスプレイを搭載したデジタルオーディオプレーヤー。音楽再生面では、音楽のジャンルなどによって変えられるプリセットイコライザに加え、音に深みを持たせる「SRS WOW」技術を採用。このほか、ボイスレコーディング機能や、自動シンクロ機能を持ったダイレクトエンコーディング機能を搭載している。対応する音声ファイル形式は、MP3、WMA、OGG。

 機種別の違いとして、MR-F10では、ネックストラップタイプのイヤホンが同梱されており、ネックレス感覚で持ち運べる点。一方のMR-F20では、FMチューナーを内蔵しているほか、JPEG画像の表示に対応している点となっている。

 本体サイズと重さは、MR-F10が幅32×高さ65×奥行き15mmで約25g、MR-F20が幅34×高さ63×奥行き14mmで約32g。電源はともに、充電式リチウムポリマーバッテリーを採用しており、USBからの3時間充電でMR-F10は約10時間、MR-F20では約11時間の連続再生が可能となっている。
《村上幸治》

特集

page top