Webコミュニケーションソリューション「Macromedia Breeze 5」日本語版を発表 | RBB TODAY

Webコミュニケーションソリューション「Macromedia Breeze 5」日本語版を発表

エンタープライズ その他

Breeze 5 には、新しいデザインのメニューバーとレイアウトバーが搭載され、Web会議のインターフェイスが改善されている。
  • Breeze 5 には、新しいデザインのメニューバーとレイアウトバーが搭載され、Web会議のインターフェイスが改善されている。
  • Breezeシステムは、Breeze Communication Server 5.0をベースにリアルタイムとオンデマンドコミュニケーションを実現するための4つのアプリケーションから構成されている。
 マクロメディアは、オンライン会議やWebプレゼンテーション、eラーニングが実現できるコミュニケーションソリューション「Macromedia Breeze 5」 日本語版を発表した。Breeze 5は、前バージョンのユーザからのフィードバックが反映されたほか、Web会議の操作性が向上している。英語版はすでにリリースされており、日本語版は8月にリリースされる予定だ。

 Breezeは、Flashプラットフォームを活用しており、世界中で98%のPCにインストールされているといわれるMacromedia Flash Playerを利用するため、エンドユーザは面倒なセットアップをすることなく、誰でもすぐに使える。また、コンテンツ作成には、Flashのオーサリング知識が不要。Microsoft Officeツールを利用して、わずか数時間でコミュニケーションやトレーニングの作成、実施、効果測定が可能だ。さらにSSL通信に対応しているので、特定ユーザを対象とする情報なども安全に配信することができる。


 Breezeシステムは、Breeze Communication Server 5.0をベースにリアルタイムとオンデマンドコミュニケーションを実現するための4つのアプリケーションから構成されている。

・Breeze Meeting
 リアルタイムでWeb会議やWebセミナーを開催。Webカメラからの映像の取り込み、参加者リストの表示、テキストチャット、PowerPointのスライド表示、デスクトップの画面共有、遠隔地からファイルの更新を可能にする。

・Breeze Presenter
 ナレーション付きの自習型のe-ラーニング コースや、オンデマンドプレゼンテーションをPowerPointで作成する。スライドの検索機能なども盛り込む。

・Breeze Training
 e-ラーニングのコースやカリキュラムを管理。資料のダウンロード、クイズの出題機能によって、よりトレーニングの理解度を深められるほか、受講者別に受講・テスト結果の集計ができることにより、講師側の負担を軽減する。

・Breeze Events
 大規模なWebイベントやWebプレゼンテーションのユーザ登録管理、予告通知。参加者2,000人を超える大規模イベントのサポート機能もある。

 製品ラインナップは、商用版とエデュケーション版があり、企業や組織のニーズに応じ、上記4つのアプリケーションを組み合わせて利用できる。サーバの利用形態は、ホスティングサービス(ASP)とサーバライセンスがある。

 なお、7月14日と15日に青山テピア(東京都港区)で開催されるBSC TOKYO 2005と7月20日から22日に東京ビックサイトで開催される「e-Learning WORLD 2005」の出展社ワークショップにおいて、同製品の紹介やデモンストレーションがあるので、興味のある方は実際に足を運んでみてはいかがだろう。

(工藤めぐみ)
《RBB TODAY》
page top