カーナビソフトの海賊版をYahoo!オークションで販売した岩手県の男性を逮捕 −ACCS発表 | RBB TODAY

カーナビソフトの海賊版をYahoo!オークションで販売した岩手県の男性を逮捕 −ACCS発表

ブロードバンド その他

 岩手県警生活環境課と水沢署は6月14日、「Yahoo!オークション」を悪用し、不法コピーしたカーナビゲーションソフトを販売していた岩手県胆沢町の会社員男性(32歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕した、とコンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が公表した。

 この男性は、2004年11月22日ごろから2005年3月24日ごろまでの間、ゼンリンのカーナビソフト「'04-'05モデル バードビュー ロードマップ」を無断で複製し、「Yahoo!オークション」への出品を通じて募った岩手県盛岡市の男性ほか3人の客に対して、CD-R 6枚を合計12,800円で販売していた。

 警察の調べでは、男性は「バードビュー ロードマップ全国版」を2,500円で、これに地域版を付けた場合は3,800円で販売していたという。なお、逮捕同日行われた家宅捜索ではパソコンとCD-R数十枚が押収されている。

 ACCSでは、「バードビュー ロードマップ」は、ゼンリンのデータベースを元に、ザナヴィ・インフォマティクスが制作しているカーナビソフトで、今回はゼンリンが権利を持つデータベースの著作物について同社が告訴した、としている。

 また、カーナビゲーションの普及に伴って海賊版ソフトの販売も目立ち始め、これまで同協会が協力したカーナビゲーションソフトの著作権侵害事件は2004年度以来、6件目になるという。

 カーナビゲーションソフトは、劣化することなく容易にコピーでき、コピー品も正規品と同じように利用できることから、これまで以上に海賊版の販売が増えることが懸念されている。このためACCSでは、ゼンリンと協力し、同社の商品案内のパンフレットに「コピー禁止マーク」や著作権に関する注意呼び掛けを掲載し、著作権法や使用規定に従ってソフトを使用するよう、カーナビゲーションユーザーへの直接の注意呼びかけを開始しているという。
《村上幸治》

特集

page top