CATVで最大250Mbpsの「c.LINK」が商品化 | RBB TODAY

CATVで最大250Mbpsの「c.LINK」が商品化

エンタープライズ その他

 松下電器産業は、CATVのケーブルを用いて最大250Mbpsの通信が可能な「c.LINK」を採用したケーブルモデムを商品化すると発表した。

 このケーブルモデムは、集合住宅における、屋内配線での利用が想定されている。たとえば、集合住宅まで光ファーバーで接続、そこから各住宅までc.LINKで接続するという形が考えられる。そのため、VDSLやイーサネットケーブルの置き換えとして利用される。

 また同時に、c.LINKモデムを管理する「c.LINKモデム管理システム」も提供。不正アクセスの追跡や、海賊版モデムの排除ができるという。

 なおジュピターテレコム(J:COM)は、ブロードネットマックスと共同で同技術の共同実験を進めている。松下電器産業は、ブロードネットマックスにも製品を提供することを明らかにしているため、J:COMで採用される可能性も考えられる。
《安達崇徳》

特集

page top