パイオニア、VHSからDVDへ1ボタンでダビングできるビデオ一体型DVDレコーダー | RBB TODAY

パイオニア、VHSからDVDへ1ボタンでダビングできるビデオ一体型DVDレコーダー

IT・デジタル レコーダー

「DVR-RT7H」
  • 「DVR-RT7H」
 パイオニアは、同社では初となるVHSビデオデッキ一体型のHDD/DVDレコーダー「DVR-RT7H」を6月下旬に発売する。搭載HDD容量は200Gバイト。価格はオープンだが、8万5,000円前後で販売される見込みだという。

 DVR-RT7Hは、録画済みのVHSテープと録画用DVDディスクを挿入し「おまかせ自動ダビング」ボタンを押すだけで、VHSテープをDVDディスクへと面倒な操作なしで丸ごとダビングできる「おまかせ自動ダビング」機能を搭載しているのが特徴。この機能では、ビデオテープの早戻し、収録時間の計測、最適録画モードの選択、ダビング、ディスクのファイナライズがすべて自動で行われるため、手持ちの大切な映像コンテンツを次々とメディアチェンジしたいというユーザーにお勧めだと同社ではしている。

 さらに、片面二層DVD-R DL(デュアル・レイヤー)ディスクに対応し最長24時間の連続録画が可能なほか、HDDからDVDメディアへ最大100倍速でのダビングが行えるなど多彩な機能が搭載されている。
《村上幸治》

特集

page top