S-LCD、第7世代アモルファスTFT液晶パネルモジュールを出荷 | RBB TODAY

S-LCD、第7世代アモルファスTFT液晶パネルモジュールを出荷

IT・デジタル テレビ

 S-LCDは19日、第7世代ガラス基板(1,870×2,200mm)によるアモルファスTFT液晶ディスプレイパネルの生産を開始し、4月19日から親会社のサムスン電子とソニーに対し液晶パネルモジュールを出荷したと発表した。

 S-LCDは、サムスン電子とソニーの折半出資により2004年4月26日に設立されたアモルファスTFT液晶パネルの製造合併会社で、第7世代による2005年上半期の量産稼動に向けて準備を進めてきた。

 製造設備の敷設や試験稼働を含めた準備が完了し、サムスン電子およびソニーの要求仕様に基づいて世界初となる第7世代TFT基板の量産を開始。これに駆動回路やバックライトなどの周辺デバイスを組み込み、液晶パネルモジュールとして両社へ出荷した。なお、同パネルは、主に大型テレビ向けとなる。
《村上幸治》

特集

page top