日本IBM、指紋センサー搭載のB5モバイルノート「ThinkPad X41」など6機種46モデル | RBB TODAY

日本IBM、指紋センサー搭載のB5モバイルノート「ThinkPad X41」など6機種46モデル

IT・デジタル ノートPC

指紋センサー搭載のB5モバイルノート「ThinkPad X41」
  • 指紋センサー搭載のB5モバイルノート「ThinkPad X41」
  • ThinkPad X40
  • ThinkPad X32
  • ThinkPad R52
  • ThinkPad R50e
  • ThinkPad T43p
 日本IBMは、ノートPC「ThinkPad」シリーズの6機種46モデルを4月20日に発売する。価格はすべてオープン。新製品のシリーズラインアップは、ThinkPad X41/X40/X32/R52/R50/T43pの6機種で、主なスペックは下記のとおり。

●ThinkPad X41は、コンパクトモバイルノート「ThinkPad X40」の上位機種。ラインアップは6モデルで、直販価格は208,950円から。

 X41の最大の特徴は、B5サイズノートに初めて指紋センサーを搭載したことだ。この指紋センサーを利用することで、BIOSパスワードやWindowsのログオン、スクリーンセーバーの解除といった認証を、パスワード入力より簡単な指紋認証に置き換えられる。

 CPUは低電圧版Pentium M 758(1.50GHz)、Intel 915GMチップセットを搭載する。無線LANは、IEEE802.11a/b/g準拠の「Intel PRO/Wireless 2915ABG」搭載モデルを用意し、新Centrino(開発コード:Sonoma)プラットホームに対応している。

 バッテリー駆動時間は、標準バッテリー(4セル)搭載モデルが約2.4時間で、約5.5時間駆動できる大容量バッテリー(8セル)搭載モデルも用意する。

 X41の最小構成スペック(2525-5GJ)は、低電圧版Pentium M 758(1.50GHz)、12.1型XGA液晶、Intel 915GMチップセット、40GバイトHDD、512MバイトDDR2 SDRAM、Gigabit Ethernet、セキュリティチップ、指紋センサー、Windows XP Professional。本体サイズは幅268×奥行き211×高さ20.6〜26.9mm、重さは1.27kg。バッテリー駆動時間(4セル)は2.4時間。

●ThinkPad X40は、B5サイズのコンパクトモバイルノート。ラインアップは10モデル、直販価格は174,300円から。

 X40の最小構成スペック(2371-B4J)は、超低電圧版Pentium M 733(1.10GHz)、12.1型XGA液晶、Intel 855GMEチップセット、20GバイトHDD、256MバイトDDR SDRAM、Gigabit Ethernet、セキュリティチップ、Windows XP Professionalとなる。本体サイズは幅268×奥行き211×高さ20.6〜26.9mmで、重さは1.23kg。バッテリー駆動時間(4セル)は3.0時間としている。

●ThinkPad X32は、B5サイズのパワーモバイルノート。ラインアップは11モデル、直販価格は173,250円から。

 X32の最小構成スペック(2672-ATJ)は、Pentium M 725(1.60GHz)、12.1型XGA液晶、Intel 855PMチップセット、MOBILITY RADEON、40GバイトHDD、256MバイトDDR SDRAM、Gigabit Ethernet、セキュリティチップ、Windows XP Professional。本体サイズは幅273×奥行き223×高さ24.9〜30.2mm、重さは1.64kg。バッテリー駆動時間(6セル)は5.5時間。

●ThinkPad R52は、A4サイズの上位ノート。ラインアップは4モデル、直販価格は194,250円から。

 R52の最小構成スペック(1858-45J)は、Pentium M 730(1.60GHz)、15.0型SXGA+液晶、Intel 915GMチップセット、60GバイトHDD、512MバイトDDR2 SDRAM、インテル製IEEE802.11a/b/g無線LAN、CD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブ、Gigabit Ethernet、セキュリティチップ、Windows XP Professional。本体サイズは幅332×奥行き269×高さ37〜40mm、重さは3.0kg。バッテリー駆動時間(6セル)は3.5時間。

●ThinkPad R50eは、A4サイズのエントリーノート。ラインアップは13モデル、直販価格は84,800円から。

 R50eの最小構成スペック(1834-K3J)は、Celeron M 350(1.30GHz)、14.1型XGA液晶、Intel 855GMチップセット、30GバイトHDD、256MバイトDDR SDRAM、CD-ROMドライブ、10/100BASE-T Ethernet、Windows XP Home Edition。本体サイズは幅314×奥行き260×高さ34〜37mm、重さは2.7kg。バッテリー駆動時間(6セル)は3.4時間。

●ThinkPad T43pは、A4薄型モバイルワークステーションノート。ラインアップは2モデル、直販価格は445,220円から。

 T43pの最小構成スペック(2668-G2J)は、Pentium M 770(2.13GHz)、14.1型SXGA+液晶、Intel 915PMチップセット、MOBILITY Fire GL V3200、60GバイトHDD、1GバイトDDR2 SDRAM、インテル製802.11a/b/g無線LAN、DVDスーパーマルチドライブ、Gigabit Ethernet、Expressカードスロット、セキュリティチップ、指紋センサー、Windows XP Professional。

 本体サイズは幅311×奥行き255×高さ26.6〜31.4mm、重さは2.5kg。バッテリー駆動時間(9セル)は4.9時間としている。

 なお、T43pの15.0型UXGA搭載モデル(2668-HAJ)の発売日は5月24日となる。
《高柳政弘》

特集

page top