日本事務器とトレンドマイクロ、中小企業向けのウイルス対策サービスを開始 | RBB TODAY

日本事務器とトレンドマイクロ、中小企業向けのウイルス対策サービスを開始

エンタープライズ その他

 日本事務器とトレンドマイクロは、中小企業向けにウイルス対策のアウトソーシングサービス「NJC ウイルス監視運用サービス」の提供を開始した。50名程度の企業が対象だ。

 料金は、10クライアントで月額14,910円、50クライアントで月額37,065円。

 日本事務器では、2000年11月からウイルス対策サービスを提供しており、すでに250社への導入実績がある。

 サービスでは、日本事務器がトレンドマイクロの遠隔管理ツールとユーザ側に導入したウイルス対策製品を採用。監視センターにて常にユーザの状態を把握するほか、パターンファイルの更新や、設定変更など、本来はユーザ側で必要な管理をすべて請け負う。

 なお両社では、初年度で250社の顧客獲得を目指しているという。
《安達崇徳》

特集

page top