タムロン、キヤノンマウント用「AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II」の焦点距離表示に不具合 | RBB TODAY

タムロン、キヤノンマウント用「AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II」の焦点距離表示に不具合

 タムロンは23日、3月19日発売のキヤノンAFマウント用レンズ「AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical[IF]MACRO (Model A14)」に不具合があると発表した。

IT・デジタル デジカメ
 タムロンは23日、3月19日発売のキヤノンAFマウント用レンズ「AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical[IF]MACRO (Model A14)」に不具合があると発表した。不具合内容は、キヤノンの画像閲覧ソフトにおいて、撮影レンズの焦点距離情報が「18-456mm」と表示されるというもの。

 なお、カメラ上に表示される焦点距離情報は正常で、撮影に影響を及ぼすものではないとしている。

 同社では、本不具合対策のため、東京営業所/大阪営業所の修理品受付窓口で預かり、部品を交換するサービスを行う。修理対応の開始は4月1日(予定)で、預かり日数は到着後約1週間。
《高柳政弘》

特集

page top