リオ、有機ELディスプレイ採用のUSBフラッシュメモリプレーヤーなど 2Gバイトモデルも | RBB TODAY

リオ、有機ELディスプレイ採用のUSBフラッシュメモリプレーヤーなど 2Gバイトモデルも

 リオ・ジャパンは2日、有機ELディスプレイとUSBコネクタを搭載したフラッシュメモリプレーヤー「Unite 130」を3月下旬に発売する。

IT・デジタル その他
Rio Unite 130
  • Rio Unite 130
  • Rio Unite 130には、有機EL液晶ディスプレイを採用
  • Rio Carbonのラインアップ。左から、ブラック、パールホワイト、既存製品のシルバー
 リオ・ジャパンは2日、2色タイプの有機ELディスプレイとUSBコネクタを搭載したフラッシュメモリプレーヤー「Rio Unite 130」を3月下旬に発売する。メモリ容量は、256Mバイト、512Mバイト、1Gバイト、2Gバイトの4種類。価格はオープンで、同社Web直販価格は順に15,800円、19,800円、27,800円、37,800円。ボディカラーは、シルバー、オレンジ、レッド、ネイビー、スカイブルーの5色を用意する。なお、2Gバイトモデルはシルバーのみ。

 Rio Unite 130は、USBコネクタ搭載のフラッシュメモリ内蔵型デジタルオーディオプレーヤー「Rio SUシリーズ」の後継機。スライド式の薄型USBコネクタの採用により、USBコネクタ搭載デジタルオーディオプレーヤーとして最小サイズを実現しているという。

 また、同社初の有機ELディスプレイの採用により視認性が向上。Ogg Vorbis圧縮方式やUSBストレージクラスに対応したほか、レコーディング機能、FMチューナーを装備。さらに、米マイクロソフトのDRM(デジタル著作権管理)技術にも対応しており、各社の音楽配信サービスから楽曲をダウンロード購入して音楽を楽しめる。

 本体サイズは幅26×高さ70×奥行き18mm、重さは40g。PCとのインターフェースは、USB2.0/1.0。バッテリーは、USB充電対応リチウムポリマー充電地を内蔵し、3時間の急速充電で、駆動時間は最大27時間を実現している。

 対応OSは、Windows 98SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.1以降またはMac OS X 10.1以降、Linuxカーネル2.2以降。

 同時に、5GバイトHDD搭載デジタルオーディオプレーヤー「Rio Carbon」(シルバー)のカラーバリエーションとして、ブラックモデルとパールホワイトモデルも発表した。3月下旬発売で、直販価格は26,800円。
《高柳政弘》
page top