富士通、PC開発部門を川崎工場に集約 | RBB TODAY

富士通、PC開発部門を川崎工場に集約

 富士通は17日、2005年12月までに、南多摩工場(東京・稲城市)を拠点としているPC開発部門を川崎工場(川崎・中原区)に集約すると発表した。

IT・デジタル ノートPC
 富士通は17日、2005年12月までに、南多摩工場(東京・稲城市)を拠点としているPC開発部門を川崎工場(川崎・中原区)に集約すると発表した。これに伴い、南多摩工場の従業員は川崎工場に移転する。

 これは、ユビキタス社会の進展に対応するため、PC開発部門をプラットフォームビジネスの主力開発拠点である川崎工場に集約することで、PC開発の効率を高めるとともに、強いプロダクトの創出と高品質の製品開発を推進していくという。

 移転後の南多摩工場の敷地および建物は、移転完了までに具体的な活用方法を検討していくとしている。
《高柳政弘》

特集

page top