NTTドコモ、公衆無線LANサービス「Mzone」の海外ローミングサービスを拡大 | RBB TODAY

NTTドコモ、公衆無線LANサービス「Mzone」の海外ローミングサービスを拡大

ブロードバンド その他

 NTTドコモは1日、公衆無線LANサービス「Mzone」において、北欧4か国の通信事業者であるテリアソネラ(TeliaSonera AB)社との相互ローミングサービスを、2月9日より開始すると発表した。

 これによりMzone利用者は、既に開始されている30か国以上のローミングサービスに加え、あらたに北欧エリアを含めたより多くのエリアにて公衆無線LANサービスを利用できるようになる。なお、利用の際には専用の「Mzone対応ユーティリティプログラム」が必要。

 なお、今回追加されたのは、スウェーデン、ノルウェー、デンマークおよびベルギー、フランス、アメリカ、イギリス、タイの570以上のエリア。

■追加されたローミングエリアの内訳
●スカンジナビア航空ラウンジ
・イエーテボリ・ランドヴェッテル空港(スウェーデン)
・コペンハーゲン空港(デンマーク)
・ヒースロー空港(イギリス)
・ブリュッセル国際空港(ベルギー)
・シャルル・ド・ゴール国際空港(フランス)
・シカゴ オヘア国際空港(アメリカ)
・ニューアーク・リバティ空港(アメリカ)
・シアトル・タコマ国際空港(アメリカ)
・バンコク国際空港(タイ)
●ホテル・会議場:417エリア
●その他空港・駅:38エリア
《村上幸治》
page top