マイクロソフト、x64対応Windowsの製品候補版を提供する早期評価プログラムを開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、x64対応Windowsの製品候補版を提供する早期評価プログラムを開始

 マイクロソフトは、64ビット拡張テクノロジ(x64)搭載プロセッサに対応したWindowsの製品候補版を提供する早期評価プログラムを開始した。

エンタープライズ その他
 マイクロソフトは、64ビット拡張テクノロジ(x64)搭載プロセッサに対応したWindowsの製品候補版を提供する早期評価プログラムを開始した。

 同時に、開発者向けのWebサイトのMSDNオンラインに、新たにWindows 64-bit開発者向けに「Windows 64-bit デベロッパーセンター」を開設した。

 x64搭載プロセッサに対応したOSは、「Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition 日本語版」(以下、Windows Server 2003 x64)と「Microsoft Windows XP Professional x64 Edition 日本語版」(以下、Windows XP x64)の2つ。x86命令セットに64ビット拡張テクノロジを加えたアーキテクチャを持つAMDの「Opteron」「Athlon」といったAMD 64プロセッサ、Intelの「Intel Extended Memory 64 Technology(EM64T)」を搭載した「Xeon」や「Pentium」で利用できる新しいOSだ。

 同一のシステム上で32ビットアプリケーションと64ビットアプリケーションの両方を、高いパフォーマンスで実行できるため、既存の32ビット資産を保護しつつ、64ビットへのスムーズな移行を実現するものだ。

 早期評価プログラムでは、この両OSについて製品候補版(Release Candidate 1)をWebでのダウンロードとCD-ROMで提供。ソフトウェア開発者や企業のIT管理者に早期テストの機会を提供するとともに、フィードバックを収集すると共に、両OSに対応したアプリケーション開発およびシステムの展開に向けた準備を促進することを目的としている。

 「Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition Release Candidate 1 日本語版」(以下、Windows Server 2003 x64 RC)は、1月27日より、Webサイトからのダウンロードにより無償で入手できる(通信費は別途必要)ほか、実費(1,050円、送料込み)によるCD-ROMでの提供も行う。後者については申し込みを1月27日から受け付け、発送は2月初旬開始を予定している。

 「Microsoft Windows XP Professional x64 Edition Release Candidate 1 日本語版」(以下、Windows XP x64 RC)はWeb サイトからのダウンロードサービスのみで、1月27日から提供を開始する。
《小笠原陽介》

特集

page top