コニカミノルタ、防水・防塵・耐ショック設計の工事現場撮影向け400万画素デジカメ | RBB TODAY

コニカミノルタ、防水・防塵・耐ショック設計の工事現場撮影向け400万画素デジカメ

IT・デジタル デジカメ

DIGITAL 現場監督 DG-5W
  • DIGITAL 現場監督 DG-5W
  • 背面
 コニカミノルタフォトイメージングは12日、広角28mmからの光学2.8倍ズームレンズを搭載しながらポケットにも入る薄型ボディを実現した、有効400万画素のデジタルカメラ「DIGITAL 現場監督 DG-5W」を発表した。価格はオープンで、実売予想価格は8万円前後。発売予定は3月下旬としている。

 工事現場での利用を想定している「DIGITAL 現場監督」シリーズの汚れたら水洗いできる防水・防塵・耐衝撃ボディを踏襲しつつ、スリムボディとなったのが特徴。液晶画面には、明るい屋外でも見やすい反射・透過併用型の2.0型ハイブリッド液晶ディスプレイが搭載されているほか、使用温度範囲が-10度から対応している点や、10m以上離れた被写体にも届く大光量内蔵フラッシュを搭載するなど、さまざまな環境下での利用に対応するようになっている。

 レンズ構成は12群14枚、焦点距離は4.6〜12.8mm(画角は35mm判換算で28〜78mm)、開放F値はF2.8〜5.0、フラッシュ連動最長距離は6m〜12mとなる。

 記録メディアはSDメモリーカードで、16MバイトのSDカードが標準で付属される。最大記録サイズは、静止画が2,272×1,704ピクセル、動画がQVGA(320×240ピクセル)。また、電子納品に適したサイズとされている1,280×960ピクセルにも対応している。

 電源には充電式リチウムイオン電池を採用し、撮影可能コマ数は約240コマ。PC用インターフェースはUSB1.1。

 本体サイズは125×69×47mm、重さは約390g(電池別)。
《村上幸治》

特集

page top