コニカミノルタ、A4カラーレーザープリンタの普及価格モデルやPictBridge対応モデル | RBB TODAY

コニカミノルタ、A4カラーレーザープリンタの普及価格モデルやPictBridge対応モデル

 コニカミノルタは15日、カラーレーザプリンタとして世界最小・最軽量、カラー毎分5枚/モノクロ毎分20枚出力を実現した、普及価格モデルとPictBridge機能搭載モデルを発表した。

IT・デジタル デジカメ
79,800円のA4カラーレーザープリンタ「magicolor 2400W」
  • 79,800円のA4カラーレーザープリンタ「magicolor 2400W」
  • PictBridge機能搭載のA4カラーレーザープリンタ「magicolor 2430 DL」
 コニカミノルタビジネステクノロジーズは15日、カラーレーザプリンタとして世界最小・最軽量、カラー毎分5枚/モノクロ毎分20枚出力を実現した、普及価格モデル「magicolor 2400W」とPictBridge機能搭載モデル「magicolor 2430 DL」を発表した。

 発売日および価格は、magicolor 2400Wが11月26日発売で83,790円、magicolor 2430 DLは12月13日発売で104,790円(いずれも税込み)。

 magicolor 2400W/2430 DLは、新開発の4サイクルカラーレーザエンジンと従来モデル比1/4の光学系ユニットを搭載し、コンパクト化と高速化の両立。プリント速度は、カラー毎分5枚、モノクロ毎分20枚。重合法トナーの採用により、粒子が小さく均等になっているという。

 本体サイズはいずれも幅430×奥行き395×高さ341mmで、重さは20kg。PCとのインターフェースは、USB2.0。

 さらに、2430 DLでは、レーザープリンタで世界で初めてカメラダイレクトプリント「PictBridge」機能を搭載した。これにより、PictBridge対応デジタルカメラからPCを介することなく、プリントできるのが特徴だ。

 対応OSは、2400WがWindows 98SE/Me/2000/XP。2430 DLでは、Windows 98SE/Me/2000/XPに加え、Windows Server 2003、Mac OS X 10.2、Linuxもサポートする。
《高柳政弘》

特集

page top