東芝、17型ワイド液晶とDVDスーパーマルチドライブ搭載の「dynabook WX」 | RBB TODAY

東芝、17型ワイド液晶とDVDスーパーマルチドライブ搭載の「dynabook WX」

IT・デジタル ノートPC

 東芝は、17型ワイド液晶ディスプレイ搭載のノートPC「dynabook WX/3727CDS」を9月17日に発売する。
  •  東芝は、17型ワイド液晶ディスプレイ搭載のノートPC「dynabook WX/3727CDS」を9月17日に発売する。
  •  東芝は、17型ワイド液晶ディスプレイ搭載のノートPC「dynabook WX/3727CDS」を9月17日に発売する。
 東芝は、17型WXGA(1,440×900ピクセル)ワイドSuperView液晶ディスプレイ搭載のノートPC「dynabook WX/3727CDS」を9月17日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は200,000円前後(税込み)。

dynabook WX/3727CDS

 dynabook WXは、CPUにCeleron 2.7GHzを採用し、256Mバイトメモリ、60GバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載したモデル。グラフィックスチップは、カナダATIテクノロジーズのMOBILITY RADEON 9100 IGP。

 インターフェースには、SDメモリーカード、メモリースティック、メモリースティックPRO、xDピクチャーカード、マルチメディアカード、スマートメディアの6種類のメモリカードに対応した「ブリッジメディアスロット」や、USB2.0×3、i.LINK、Sビデオ出力などを備える。

 OSは、セキュリティ機能を強化した最新のWindows XP Home Edition(SP2)を採用し、アプリケーションソフトにはOffice Personal Edition 2003やOffice OneNote 2003などをプレインストールする。

 本体サイズは幅420×奥行き293×高さ47mm、重さは約4.3kg。バッテリー駆動時間は約1.5時間(JEITA測定法1.0)としている。
《高柳政弘》

特集

page top