モバイル放送、本放送の開始を10月中旬に延期。対応端末とエリアの充実を図る | RBB TODAY

モバイル放送、本放送の開始を10月中旬に延期。対応端末とエリアの充実を図る

ブロードバンド その他

 モバイル放送は、これまで7月中としていた本放送の開始を10月中旬に延期すると発表した。

 これまでの発表通り7月中旬に本放送を開始すると、対応端末が1機種しか出なかったり、都市部などではギャップフィラーの不足により受信できない場所が多くなってしまう。そのため10月中旬に延期することで、開始時の対応端末を2〜3機種に増やし、エリアについては、たとえば「山手線では絶対に切れないようにする」など具体的な目安を示せるような拡大を図る。

 また、料金については約款とともに総務省に提出できる段階にあり、認可され次第、発表するとしている。なお、7月からは音声/映像/データの各チャンネルについて、本放送並の試験放送を開始する予定だ。
《安達崇徳》
page top