鷹山、03年度の経常損失は48.8億円。04年度は若干改善の見込み | RBB TODAY

鷹山、03年度の経常損失は48.8億円。04年度は若干改善の見込み

ブロードバンド その他

 鷹山は、平成16年3月期(2003年4月〜2004年3月)の連結決算を発表した。これによると、売上げ85.1億円、営業利益△49.4億円、経常利益△48.8億円、当期純利益△52.8億円。なお、連結決算は今回が初めてになるため前年比は記載されていない。

 セグメント別でみると、PHS事業は、ワイヤレスデータ通信サービスの事業収益が望めないと判断し「YOZAN IP ネットワークス」を2004年3月31日付けで解散。さらに、2003年3月末に約189,300だったPHSサービス「アステル東京」の契約数が1年間で約62,400減少し、2004年3月末には約126,900にまで落ち込んでいる。この結果、売上げ68.9億円、営業利益は△41.3億円になった。

 また、無線呼び出し事業では、人を呼び出すサービスから、受信機に情報を配信するマルチキャストサービスに転換を図っている。その一環として、品川区では住民への防災情報の配信として利用されいているほか、和光市では高齢者向けの福祉サービスとして採用されている。このように、自治体などへの導入が進み、固定客が多くなったため、契約数の減少は前年比1%にとどまっているという。その結果、売上げ10.1億円、営業利益は△5.4億円になっている。

 なお2004年度は、人員の削減などコストの圧縮を進め売上げ71.6億円(13.5億円減)、経常利益△49.3億円(0.5億円増)、当期純利益△51億円(1.8億円増)を見込んでいる。
《安達崇徳》
page top