NTTコム、2003年度の決算を発表。特別損失の減少や費用削減により純利益は増加に | RBB TODAY

NTTコム、2003年度の決算を発表。特別損失の減少や費用削減により純利益は増加に

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、2003年度(2003年4月〜2004年3月)の決算を発表した。

 売上げは1兆1,066億円(前年比454億円減、以下同じ)、営業利益は1,162億円(290億円減)、経常利益は1,130億円(302億円減)、純利益は241億円(105億円増)。

 詳しく見ると、IP-VPNやOCNなどのデータ伝送収入が増加、営業費用が前年比163億円減の9,903億円になっている。しかし、音声伝送収入(電話など)と専用線収入の減少がこれらよりも大きいため、営業利益は前年よりも減少している。

 なお前年度よりも特別損失が減少しているため、純利益は増加になった。

 またOCN部門については、3月末現在で約411.8万加入(61.4万増)があり、売上げは3,091億円(96億円増)、営業収益は1,239億円(65億円増)になった。
《安達崇徳》

特集

page top