ルックスマート、バリューコマースに営業譲渡、検索サービスで広告ビジネスを強化 | RBB TODAY

ルックスマート、バリューコマースに営業譲渡、検索サービスで広告ビジネスを強化

ブロードバンド その他

ルックスマート、バリューコマースに営業譲渡、検索サービスで広告ビジネスを強化
  • ルックスマート、バリューコマースに営業譲渡、検索サービスで広告ビジネスを強化
 バリューコマースは、ルックスマート・ジャパンの営業権を譲り受けた。譲受金額などは公開せず。ルックスマート・ジャパンはバリューコマースの100%子会社として、ルックスマートブランドを引き続き運営する。

 ルックスマート・ジャパンの社長兼代表取締役は、バリューコマースの創業者であり会長のティム・ウィリアムスが就任。バリューコマースとの協力関係を強化し、ビジネスをより加速させるとしている。

 ルックスマート・ジャパンは、MSNやExciteなどに検索機能を提供する検索サービス会社。多くのサイト検索サービスがロボットによる検索蓄積サービスに注力する中で、人手に頼ったディレクトリ型検索サービスを提供するとともに、リスティング広告の草分け的存在でもある。また、バリューコマースは、アフィリエイト型広告プログラム、ならびにインターネット広告配信・管理サービスを提供する会社。広告配信分野では50%に近いリーチ率を持つ、イターネット上における広告ビジネスの代表的会社となっている。

 バリューコマースがルックスマート・ジャパンを傘下に加えたことで、バリューコマースはリスティング形式での広告ビジネスを即時に開始できるとともに、強力なメディアを手中におさめたことにもなる。また、今回の発表に伴い、「バリューコマースにおける利益の10%程度をルックスマート・ジャパンが受け持つ」(バリューコマース 代表取締約社長・最高経営責任者 プライアン・ネルソン)としており、バリューコマースはルックスマートを今後のひとつのビジネスの柱として、しっかりと成長させていくとしている。

ブライアン・ネルソン氏検索分野は急成長。ルックスマートは人手による編集で高品質(ブライアン・ネルソン氏)

《公家幸洋》

特集

page top