[訂正] 近畿総合通信局、松下電器など3社からの実験用電力線通信設備の設置申請を受理 | RBB TODAY

[訂正] 近畿総合通信局、松下電器など3社からの実験用電力線通信設備の設置申請を受理

ブロードバンド その他

 総務省近畿総合通信局は、松下電器産業、プレミネット、ラインコムの3社からの実験用高速電力線搬送通信設備の設置申請を受理した。

 本実験は、総務省が1月21日に公表した実験制度導入の方針(「高速電力線搬送通信設備の設置許可にかかる方針」)に基づくもの。2005年3月31日までの実施が予定されており、松下電器は4MHz〜28MHz、残る2社は2MHz〜30MHzの周波数を利用して、電力線から漏洩する電波を低減するための技術の検証を行う。

※「総務省近畿総合通信局が3社からの実験用高速電力線搬送通信設備の設置申請を受理した」の誤りでした。関係者並びに読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
《RBB TODAY》

特集

page top