件名に“ID”が付くメールにご用心。各社が「Beagle.B」ウイルスを警告 | RBB TODAY

件名に“ID”が付くメールにご用心。各社が「Beagle.B」ウイルスを警告

 ウイルス対策ソフトベンダー各社は、TCP8866番にバックドアを仕掛けるウイルスを警告した。シマンテックは「W32.Beagle.B@mm」として危険度3、トレンドマイクロは「WORM_BAGLE.B」として危険度中で注意を呼びかけている。

エンタープライズ その他
 ウイルス対策ソフトベンダー各社は、TCP8866番にバックドアを仕掛けるウイルスを警告した。シマンテックは「W32.Beagle.B@mm」として危険度3、トレンドマイクロは「WORM_BAGLE.B」として危険度中で注意を呼びかけている。今のところ、米国とヨーロッパで感染が拡大している。

 メールを経由して感染を広げるが、件名は“ID <ランダムな文字>... thanks”といった形式になっているほか、ウイルスの実行ファイルが添付されている。

 また、Beagle.Bが仕掛けるバックドアは、リモートからシステムフォルダへのファイルの保存と実行が許可されてしまうため非常に危険だ。さらに、一部のWebサイトに1秒間に1万回ものHTTPリクエストを送信したり、独自のSMTPエンジンを用いてメールを送信して感染を拡大したりする行動も確認されている。

 なお、2月25日で活動が停止するように設計されている。
《安達崇徳》

特集

page top