[画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた | RBB TODAY

[画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた

エンタメ その他

[画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた
  • [画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた
  • [画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた
  • [画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた
  • [画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた
  • [画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた
  • [画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた
  • [画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた
  • [画像追加] TEPCO FACTORYにダース・ベイダーがやってきた
 東京渋谷にあるTEPCO FACTORYにあのダース・ベイダーがやってきた。どのダース・ベイダーかといえば、もちろん「スター・ウォーズ」の悪役として名高いあのお方のことだ。

 部下のストームトルーパーともども、東京電力 光ネットワーク・カンパニーが企画協力している「スター・ウォーズ サイエンス アンド アート展」公式サイトの体験コーナーに応援にきてくれたというわけだ。ただし、ダース・ベイダーは身長2m33cm、体重約60kgのフィギュアで、ストームトルーパーは「スター・ウォーズ」ファンによるコスプレだ。

応援にやってきたダース・ベイダー人形とストームトルーパーのコスプレさん


 現在、東京電力はTEPCOひかり加入者向けに、東京・上野の国立科学博物館で開催される予定になっている「スター・ウォーズ サイエンス アンド アート展」(3/20〜6/20開催)と連動した映像コンテンツを配信している。このコンテンツは、「スター・ウォーズ」の撮影に使われた数多くの模型やコスチュームなどを修復している様子や、展覧会の準備風景、展覧会会場への発送など、映画ならぬ展覧会のメイキングともいうべき映像だ。配信帯域は1Mbpsと3Mbps。今年12月27日まで、2週間に一度更新される。視聴料は6月末までは無料。

3月20日から3ヶ月間、国立科学博物館では「スター・ウォーズ サイエンス アンド アート展」が開催される。国立科学博物館、シーボルト財団主催、ルーカスフィルム、財団ハタステフティング企画、東京電力 光ネットワーク・カンパニー企画協力、日本航空協力
(c) 2004 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.


 このTEPCOひかり加入者だけしか見られない貴重な映像の数々も、今回ダース・ベイダー人形が応援に来てくれたTEPCO FACTORYに行けば、いつでも自由に視聴できる。しかも、FTTHのTEPCO回線なので、3Mbpsの動画もスムーズできれいだ。「スター・ウォーズ」ファンはいうまでもなく、ファンでなくとも、立ち寄ってみてはいかがだろうか。

学生やコンビニで買い物をする人が、次次に写真を撮っていく。一方、体験ブースではそれぞれ「スター・ウォーズ」コンテンツを楽しまれている様子も




■「スターウォーズ」の世界が渋谷のTEPCO FACTORYにやって来る!
 場所:体験スポット TEPCO FACTORY(電力館隣)
 期間:1月22日〜25日
《北島友和》

特集

page top