FeliCa搭載iモードで携帯電話からショッピング、ビットワレットが開発 | RBB TODAY

FeliCa搭載iモードで携帯電話からショッピング、ビットワレットが開発

IT・デジタル モバイル

 ビットワレットは、NTTドコモが発売を予定しているFeliCa搭載iモード対応携帯電話に対応する決済サービス「Mobile Edy(モバイルエディ)」(仮称)を発表した。FeliCa搭載iモード端末の発売と同時に開始される。

 FeliCaは、電子マネー「Edy」やJR東日本の「Suica」で採用されている非接触式のICカードプラットフォーム。発売が予定されているFeliCa搭載iモード端末では、店舗に設置された端末に近づけるだけで支払いが完了するサービスが提供される。

 これに対してMobile Edyは、電子メールを経由してEdyで決済するサービスだ。おもに、オンラインショッピングでの利用が想定されている。

 Mobile Edyを利用するには、まず加盟している通販のサイト上で購入商品を決定し支払い手段として「Mobile Edy」を選択する。そののち、決済に使うFeliCa搭載のiモード端末の電子メールを入力する。しばらくすると「決済開始メール」が送付され、画面の指示に従って携帯電話を操作することでEdyを使った決済が完了される。正しく決済が完了すれば確認として、「決済完了メール」が送付されるという流れだ。

 Mobile Edyでは、携帯電話の電子メールという普及率の高い技術を使うことで、利用者層の幅広い獲得を狙っている。将来的には、ネットショッピングのみならず、カタログショッピング、テレビショッピング、映像コンテンツの購入など広範な商業形態に対応する見通しだ。

 同サービスを利用して行われる決済に、現在16社が利用に前向きな姿勢を見せている。
《RBB TODAY》
page top