日本HP、沖電気、などと共同で無線LAN映像配信を予定 | RBB TODAY

日本HP、沖電気、などと共同で無線LAN映像配信を予定

ブロードバンド その他

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、レース場「ツインリンクもてぎ」(栃木県茂木町)において無線LANによるノートPCやPDA向けの映像配信システムを構築する。本格的な開始は、4月に開催される自動車レース「BRIDGESTONE INDY JAPAN 300mile」から。

 これまでのレース観戦では、観戦者が見られる場面は限られていたが、この配信システムを用いると無線LANに対応しているノートPCやPDAでレース全体を楽しめるようになる。なお、配信にはIEEE 802.11b/gと放送型マルチキャストが採用される。

 サーバやストレージ設備などハード面を日本HPが提供し、動画配信技術は沖電気のものを使用している。ほか、NTTブロードバンドプラットフォーム、ニッポン放送プロジェクトなども協力する。

 「BRIDGESTONE INDY JAPAN 300mile」は、4月15日から17日まで開催されるレース。日本HPでは同大会の後も4輪、2輪の大規模レースで同システムの運用を行っていくとしている。
《RBB TODAY》

特集

page top