東京エレクトロン、干渉を気にせずAP増設が可能な無線LAN製品 | RBB TODAY

東京エレクトロン、干渉を気にせずAP増設が可能な無線LAN製品

IT・デジタル その他

東京エレクトロン、干渉を気にせずAP増設が可能な無線LAN製品
  • 東京エレクトロン、干渉を気にせずAP増設が可能な無線LAN製品
  • 東京エレクトロン、干渉を気にせずAP増設が可能な無線LAN製品
 東京エレクトロンは、米AirFlow Networks(以下AirFlow)の無線LAN製品の国内販売を開始する。AirFlowの製品は、複数のアクセスポイントの集合を仮想的にひとつのアクセスポイントのように扱う「シングルAPアーキテクチャ」によって、干渉を気にせずにカバーエリアを拡大することが可能となる。

 今回販売が開始されるのは、無線LANのトラフィックを統合管理する「AirServer」、AirServerにスイッチングハブを内蔵した「AirSwitch」、有線LANで接続され、無線LANパケットの“アンテナ”として働く「AirHub」の3点。

 通常、無線LANのアクセスポイントを同一エリアに複数設置する場合、使用チャネルを変えて干渉を防いだり、クライアントPCの設定によって使用するアクセスポイントを指定したりする必要がある。

 しかしAirFlowの場合は、複数のAirHubは同じチャネルを使うよう自動設定され、さらにクライアントPCからのパケットは複数のアクセスポイントが受信し、AirServer(あるいはAirSwitch)がそのうちもっとも電波状態のいいAirHubを使用するようトラフィックを管理する。このため、あるAirHubのエリアから別のAirHubのエリアに端末が移動しても設定変更(および再認証など)が不要で、通信がとぎれないのが特徴となっている。また、複数のAirHubがカバーしているエリアでは、1つのAirHubが故障しても他のAirHubが通信を継続することも可能。

 現在は802.11b対応の製品のみとなっているが、今年4〜5月に11a、今夏には11g対応の製品も登場する予定。

 価格は、AirServreが168万円、AirSwitchが196万円、AirHubが9万5千円となっている。

AirSwitchと、それに接続されたAirHub。1つのAirHubをつけたり外したりしても通信が途切れたり影響を受けたりしないというデモがおこなわれた
《伊藤雅俊》
page top