NTT西、沖縄本島〜宮古島〜石垣島の約460kmに海底光ケーブルを敷設 | RBB TODAY

NTT西、沖縄本島〜宮古島〜石垣島の約460kmに海底光ケーブルを敷設

ブロードバンド その他

 NTT西日本は、2004年度中に沖縄本島〜宮古島〜石垣島の約460kmにおける海底光ケーブルの敷設工事に着手する。総工事費は約21億円。現在、沖縄本島〜宮古島は旧式の海底光ケーブルで、宮古島〜石垣島は無線によってそれぞれ結ばれている。

 今回発表された区間のうち、沖縄本島〜宮古島(約340km)では中継器の設置なしに約350kmまで電送できる「新海底光方式」(FSR)が採用される。一方の宮古島〜石垣島では約120kmまで電送が可能な「ADMリングシステム」を利用することが決まっている。

 同社では、宮古島と石垣島においてはブロードバンドサービスに対応できない状況にあったが、今後は迅速に対応できるようになるとしている。
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top