@nifty、ブロードバンド接続サービスを一新。値下げとIP電話の標準サービス化 | RBB TODAY

@nifty、ブロードバンド接続サービスを一新。値下げとIP電話の標準サービス化

ブロードバンド 回線・サービス

 @niftyは、2004年2月1日にADSLとFTTHのブロードバンド接続サービスを一新する。対象になるのは、ホールセール型のADSL接続サービスとフレッツ・ADSL、Bフレッツに対応したコースだ。

 まず、ホールセール型のADSL接続サービスでは、「ADSLハイスピードコース」(月額3,480円)と「ADSLスタンダードコース」(月額3,280円)が「ADSLニュースタンダードコース」(月額2,880円)に統合される。また「ADSLライトコース」については、料金は月額2,000円に据え置かれるが、@niftyフォン(月額280円)が標準サービスとして提供されるようになる。これによりホールセール型ADSL接続サービスは、「ADSLニュースタンダードコース」と「ADSLライトコース」の2コースに統合される。

 これら2コースではいずれも@niftyフォンが標準サービスとして提供されるため、IP電話機能が一体になったADSLモデムがレンタルされることになる(月額780円)。

 一方のフレッツ対応サービスでは、「Bフレッツコース(ファミリー/マンション)」と「フレッツ・ADSLコース」は月額2,000円が月額1,880円に、「Bフレッツコース(ベーシック)」は月額7,800円が月額7,500円にそれぞれ値下げされる。さらに、これら3コースにおいても@niftyフォンが標準サービスとして提供される。

 なお、@niftyフォンの標準サービス化やサービスの統合などによるユーザ側の手続きや申し込みなどは必要ない。

2004年2月1日からのサービスメニュー
■ホールセール型ADSL接続サービス
●ADSLニュースタンダードコース(旧ハイスピードと旧スタンダードを統合)
 利用料金:月額2,880円
●ADSLライトコース
 利用料金:月額2,000円

■フレッツサービス
●Bフレッツコース(ファミリー/マンション)
 利用料金:月額1,880円
●Bフレッツコース(ベーシック)
 利用料金:月額7,500円
●フレッツ・ADSL
 利用料金:月額1,880円
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top