米Yahoo!の完全子会社化した米オーバーチュア、来年には20カ国でサービス提供 | RBB TODAY

米Yahoo!の完全子会社化した米オーバーチュア、来年には20カ国でサービス提供

ブロードバンド その他

 世界10カ国でスポンサードサーチを展開するオーバーチュアは、来年は20カ国でサービスを提供するなど、今後のビジネス戦略について発表した。

 オーバーチュアのビジネスモデルは、パートナーサイトの検索サービスを利用するユーザの入力するキーワードにマッチする企業サイトを、検索結果画面の上部に表示するというもの。検索結果画面には高い価格を提示した企業が上位に表示される。

 このビジネスモデルで、オーバーチュアはサービス開始後の9ヶ月で170%成長、処理する情報量は100Tバイトに達した。オーバーチュア・サービシズ オーバーチュア・インターナショナル プレジデントのブライアン・スティール氏は、「スポンサードサーチは現在最も成長している分野であり、2008年には世界で150億ドル以上もの市場になる」と説明、日本におけるインターネット広告も今後2〜3年で大きく成長する可能性を示唆した。

 また、米オーバーチュア・サービシズが米Yahoo!の完全子会社化したことで、来年には新しいYahoo!サービスも始まるという。ただし、日本市場において、同社とYahoo! Japanとの関係はより強固になるものの、Yahoo!サービスそのものは大きく変わることはなさそうだ。
《北島友和》
page top