米アイパス、欧米の3社と公衆無線LANローミングで提携 | RBB TODAY

米アイパス、欧米の3社と公衆無線LANローミングで提携

ブロードバンド その他

 米アイパスは現地時間の3日、スイスコム・ユーロスポット(スイス)、ADPテレコム(仏)、ネットニアーユー(米)の3社との間で公衆無線LANサービスのローミング契約を締結したと発表した。

 今回の提携により、ヨーロッパと北米でアイパスユーザの利用できる公衆無線LANのアクセスポイントがさらに拡大することになる。

 各社の主要なAP設置箇所は以下のとおり。

■スイスコム・ユーロスポット
・ヒルトン、ホリデイ・イン、メーベンピック、
 シュタイゲンベルガー(ホテルチェーン)
・ミュンヘン(独)、ブリュッセル(ベルギー)の空港
・パディントン駅(英)

■ADPテレコム
・シャルル・ド・ゴール空港、オルリー空港(仏)
・パレ・デ・コングレ・ドゥ・パリ、
 アライアンス・ホスピタリティ・ネットワーク
 運営によるホリデイ・イン
・コンコルド・ラファイエット・ホテル

■ネットニアーユー
・マイアミ、ニューアーク、ボルチモア(米)などの空港
・ハイアット・リージェンシー(ホテル)
・エンバシー・バケーション・リゾート
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top