警察庁、TCPの445番ポートのトラフィックが増加していると警告 | RBB TODAY

警察庁、TCPの445番ポートのトラフィックが増加していると警告

エンタープライズ その他

 警察庁は、TCP445番に対するトラフィックが増加していると発表した。

 TCP445番は主にWindowsのファイル共有に使われるポートのため、通常はインターネット経由でのトラフィックは発生しない。このトラフィック増大の原因は特定されていないものの、発信元は北米が大半を占めているという。

 警察庁では、不正にファイルが閲覧されるおそれがあるため、ファイル共有の設定を確認するように呼びかけている。また、ルータの445番ポートを閉じるのも効果的だろう。
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top