WMA9 Pro形式が再生できるAVアンプ。パイオニアが11月下旬より販売 | RBB TODAY

WMA9 Pro形式が再生できるAVアンプ。パイオニアが11月下旬より販売

IT・デジタル その他

WMA9 Pro形式が再生できるAVアンプ。パイオニアが11月下旬より販売
  • WMA9 Pro形式が再生できるAVアンプ。パイオニアが11月下旬より販売
 パイオニアは、Windows Media Audio 9 Professional(WMA9 Pro)のデコーダを搭載したAVアンプ「VSA-AX10Ai-N」を11月下旬より販売する。価格は50万円。

 WMA9 Proは、マイクロソフトが開発したマルチチャンネルに対応したオーディオフォーマット。マルチチャンネルは、今のところ5.1chにとどまっているが、将来的には7.1chに拡大する予定だ。

 同機は通常のAVアンプと同じようにDVDデッキなどを接続できるほか、USBまたは光ケーブル(S/PDIF)によりPCとの接続も可能だ。これにより、PCで再生しているWMA9 Pro形式のコンテンツをマルチチャンネルで楽しめる。

 また、IEEE 1394ポート、音場補正システム「Advansed MCACC」を搭載している。

 同社のAVアンプの中でも最高級モデルの位置づけになるため、価格が50万円とかなり高価だ。しかし、これまでの流れからすると近いうちに普及価格帯のAVアンプでもWMA9 Proのデコーダを搭載するようになるだろう。

VSA-AX10Ai-N
《安達崇徳》

特集

page top