[WPC 2003] DDIポケットは無線LANとAirH"のデュアル端末を参考出品 | RBB TODAY

[WPC 2003] DDIポケットは無線LANとAirH"のデュアル端末を参考出品

エンタープライズ その他

[WPC 2003] DDIポケットは無線LANとAirH
  • [WPC 2003] DDIポケットは無線LANとAirH
  • [WPC 2003] DDIポケットは無線LANとAirH
  • [WPC 2003] DDIポケットは無線LANとAirH
  • [WPC 2003] DDIポケットは無線LANとAirH
 日本コンベンションセンター(幕張メッセ)を会場にIT関連製品のイベント「WPC EXPO 2003」が開幕した。会期は、20日までの4日間。

 DDIポケットは、IEEE 802.11bとAirH"のPCカード端末を参考出品した。NTTドコモの製品のように完全な一体型ではなく、無線LANのPCMCIAカードにCFスロットが付いておりここにAirH"カードを差し込む形になっている。この通信カードは、NTTドコモの製品と比較すると少々複雑な構成になるが、IEEE 802.11gやa対応に変更する場合でも、AirH"カードはそのまま利用できるのが特徴といえるだろう。

(左)AirH"カードを抜いた状態(右)AirH"カードを挿した状態(クリックで拡大)



 また、ボーダフォンは、W-CDMAに対応したCFカード「Vodafone Global Standardデータカード(仮称)」を参考出品していた。W-CDMA方式の通信カードは、NTTドコモがすでに販売しているが形状はPCMCIAのためPDAでは利用できない。通信速度は、回線交換方式では上下共に64kbps、パケット通信は下り384kbps/上り64kbpsで、USIMカードにも対応する。

 担当者によると、PDAで使用するには消費電力が大きいという課題も残っているとのことだ。

PocketPC端末に挿したVodafone Global Standardデータカード
《安達崇徳》

特集

page top