プラネックス、802.11a/b/g全対応のアクセスポイントとPCカード発表 | RBB TODAY

プラネックス、802.11a/b/g全対応のアクセスポイントとPCカード発表

IT・デジタル その他

プラネックス、802.11a/b/g全対応のアクセスポイントとPCカード発表
  • プラネックス、802.11a/b/g全対応のアクセスポイントとPCカード発表
 プラネックスは、IEEE 802.11a/b/gに対応するアクセスポイント「GW-AP54AG」と、無線LANカード「GW-NS54AG」を発表した。どちらもオープンプライスだが、同社による参考価格は「GW-AP54AG」が39,800円、「GW-NS54AG」が7,800円になっている。

 「GW-AP54AG」は、IEEE 802.11aとIEEE 802.11b/gの同時使用が可能なアクセスポイント。さらに、Atheros独自の高速化技術「Super A/G」に対応する予定だ。同社によると、Super A/G使用時の実効スループットは40Mbpsを超えるという。

 セキュリティ機能は、64/128/152ビットのWEP暗号化に対応するほか、MACアドレスを使ったアクセスコントロール、IEEE 802.1xを使ったRADIUSサーバによるユーザ認証が可能だ。今後のセキュリティ標準とされる「WPA」(Wi-Fi Protected Access)にも対応する予定。

 「GW-NS54AG」は、IEEE 802.11a/b/gの3規格に対応した無線LANカード。対応OSはWindows 98SE/Me/2000/XPで、CardBusに対応したPCカードスロットが必要になる。GW-NS54AGも「Super A/G」に対応する予定。

左:GW-NS54AG、右:GW-AP54AG
《山本浩司》

編集部のおすすめ記事

特集

page top