勤怠管理はブロードバンドとICカードで。bit-driveが試験的に提供 | RBB TODAY

勤怠管理はブロードバンドとICカードで。bit-driveが試験的に提供

ブロードバンド その他

勤怠管理はブロードバンドとICカードで。bit-driveが試験的に提供
  • 勤怠管理はブロードバンドとICカードで。bit-driveが試験的に提供
 ソニーは、bit-driveのサービスとしてICカードを用いた勤怠管理システム「インターネットタイムレコーダ」のトライアルサービスを開始する。受付は9月16日より。

 同サービスでは、PCに接続された非接触式ICカードの読み取り機「パソリ」を端末として利用し、アクセスラインにはbit-driveなどのブロードバンド回線を用いるため、特別な機材を用意する必要はない。また、回線を通じてリアルタイムで一括した管理が行えたり、IDカードはEdyやSuicaなどFeliCa方式のカードならどれでも利用できたりする特徴もある。

 契約は10IDからで、初期費用として30,000円(10ID)、利用料金は月額500円(1IDあたり)になる。ほか、FeliCaカードとパソリ、PCが別途必要になる。

インターネットタイムレコーダのデモ
《安達崇徳》

特集

page top