infoseekとLycosが統合、検索エンジンにGoogleを採用などポータルに変革 | RBB TODAY

infoseekとLycosが統合、検索エンジンにGoogleを採用などポータルに変革

ブロードバンド その他

 9月1日からポータルサイト勢力図が大きく変化しそうだ。まず、infoseekが独自の検索エンジンに加えてGoogleを採用した。ついで、infoseekとLycos Japanが統合して、infoseekが存続ポータルとなった。さらに、楽天株式会社が株式会社インフォシークとライコスジャパン株式会社を合併した。

 まず検索エンジンでは、infoseekが独自の検索エンジンに加えてGoogleを採用した。デフォルトの検索エンジンはGoogleとなっており、トップページの検索窓からキーワードを入力するとGoogleの検索結果が表示される。infoseek独自エンジンの検索結果を見たいときは、検索ボタン横のラジオボタンを「プラス」にするか、検索結果に表示されるタブから「サーチplus」を選ぶ。なお、これまでの「ディレクトリ検索」「画像検索」などの機能を引き続き利用可能だ。

 さらに、6月に発表されていたInfoseekとLycos Japanの統合が実行された。Lycos JapanのURL(http://www.lycos.co.jp)を入力するとinfoseekにリダイレクトされる。Lycos Japanの独自コンテンツは、infoseekのコンテンツとして引き続き利用できる。

 最後に、ポータルサイト「infoseek」を運営していた株式会社インフォシークとライコスジャパン株式会社の2社は、9月1日をもって楽天株式会社に合併された。楽天は2000年の12月にインフォシークの株式を100%取得していた。

 楽天はinfoseekとLycos Japanの統合などにより、楽天グループで多様なサービスを展開することで幅広いユーザ層を獲得し、グループ間の連携によるシナジー効果を最大限に発揮させてゆくという。

 infoseekはLycos Japanとの統合にともない、Dynabookやコクーンが当たる「インフォシーク+Lycos統合キャンペーン」を実施している。
《山本浩司》

特集

page top