シマンテックなど、Sobigの亜種を警告。危険度を2から3に引き上げ | RBB TODAY

シマンテックなど、Sobigの亜種を警告。危険度を2から3に引き上げ

エンタープライズ その他

 シマンテックは、Sobigの亜種「W32.Sobig.F@mm」の感染報告件数が増えたため危険度を2から3に引き上げた。また、トレンドマイクロも危険度中として注意を呼びかけている。

 Sobig.Fは、メールの添付ファイルを介して感染し、独自のSMTPエンジンを用いて蔓延させるウィルス。感染すると、ローカルのWindowsフォルダや共有フィルダーに「winppr32.exe」というウィルス本体のプログラムを作成する。

 またSobig.Fは、感染したPCに任意のファイルをダウンロードし実行する機能がある。これは、機密性の高い情報が盗まれたり、感染したPCがSPAMのリレーサーバに利用されるおそれがある。さらに、ウィルスのセルフアップデート機能として利用される可能性もあると警告している。

 また、NTPを用いた時刻を同期させたり、すべての活動を2003年9月10日に停止する機能も備えている。

●Sobig.Fの件名は以下いずれかから選択される
 Re: Thank you!
 Thank you!
 Re: Details
 Re: Re: My details
 Re: Approved
 Re: Your application
 Re: Wicked screensaver
 Re: That movie
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top