NTT-ME、企業向けIPセントレックスの新メニュー。「おためしパック」販売も | RBB TODAY

NTT-ME、企業向けIPセントレックスの新メニュー。「おためしパック」販売も

ブロードバンド その他

 NTT-MEは、IP電話によるPBXアウトソーシングサービス「XePhion コールIPセントレックス」で、あらたにIPセントレックスサーバを共用する新メニューと、IPセントレックスを低価格で導入できる「おためしパック」の販売を開始する。

 共用型メニューは、PBXに相当するIPセントレックスサーバをNTT-MEのデータセンタ内に設置、複数の顧客が共有する。サーバの運用コストなどが低く抑えられるのが特徴。

 また、「おためしパック」は、IPセントレックスの評価をおこないたい企業向けのパッケージで、VPNルータ1台(RTX1000・ヤマハ)、24ポートインテリジェントスイッチ1台(FMX-24P・プラネックス)、SIP多機能電話機5台(SIP1800・三洋マルチメディア鳥取)のセットにIPセントレックスの初期基本工事料(20,000円相当)が含まれている。先着100セット限定で、価格は298,000円。申込期間は8月1日から8月31日までで、9月中旬から提供の予定となっている。

 NTT-MEでは、通話音質だけでなく、PBX同等の機能、運用性、操作性のほか、リモートからサポートを提供することで、IPセントレックスとしての品質を企業ユーザに訴求したいとしている。
《伊藤雅俊》

編集部のおすすめ記事

特集

page top