アイ・オー、802.11b/g混在環境の転送速度を向上させるPRISM Nitroサポート | RBB TODAY

アイ・オー、802.11b/g混在環境の転送速度を向上させるPRISM Nitroサポート

ブロードバンド その他

 アイ・オー・データ機器は、IEEE 802.11bと802.11g機器が混在する環境で、 802.11gのスループットを向上させる「PRISM Nitro」の正式サポートを発表した。対象となる機器は「WN-G54/AXP」と「WN-G54/CB」。

 このサポートは、すでに公開されているファームウェアまたはドライバに対するもの。

 PRISM Nitroは、802.11bと802.11gでやりとりされるパケットの割合を変更してスループットを向上させる技術。アイ・オー・データによれば、従来の混在環境での802.11gのスループットが77%向上、802.11bと802.11gの合計スループットが48%向上、802.11gのみ環境では最大スループットが27Mbpsまで向上したという。

 従来PRISM Nitro対応
802.11b/g混在時の11gの速度5.39Mbps9.55Mbps
802.11b/gの合計スループット7.90Mbps11.66Mbps
802.11gの最高スループット24Mbps27Mbps
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top