アイ・オー、.11g正式対応の新ドライバ・ファームウェアを公開 | RBB TODAY

アイ・オー、.11g正式対応の新ドライバ・ファームウェアを公開

IT・デジタル その他

 アイ・オー・データ機器は、IEEE802.11gの無線LAN規格に正式対応する新ドライバ・ファームウェアの公開を開始した。

 今回ドライバ・ファームウェアが提供されるのは、無線LANアクセスポイント「WN-G54/AXP」、無線LANカード「WN-G54/CB」・「WN-AG/CB」、無線LAN対応ブロードバンドルータ「WN-G54/BBR」の4製品。

 このうちWN-G54/AXPとWN-G54/CBについてはすでに正式版が公開中で、WN-G54/CBでは.11g対応と並んで.11g/.11b併用下で.11gを優先する「PRISM Nitro技術」を利用した高速伝送モードがサポートされている(WN-G54/AXPでは7月中にサポート予定)。

 また残る2製品についても、WN-AG/CBは7月4日に、WN-G54/BBRは7月9日にそれぞれ正式版がリリースされる予定で、WN-AG/CBでは接続性能の改善も図られる。

 なおいずれのドライバ・ファームウェアもWindows版のみ(Windows 98SE/Me/2000/XP、WN-AB/CB用のみWindows Me/2000/XP対応)の提供となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top