Networld+Interop 2003 TOKYO開幕。無線LANセキュリティやVoIPソリューションなど | RBB TODAY

Networld+Interop 2003 TOKYO開幕。無線LANセキュリティやVoIPソリューションなど

エンタープライズ その他

Networld+Interop 2003 TOKYO開幕。無線LANセキュリティやVoIPソリューションなど
  • Networld+Interop 2003 TOKYO開幕。無線LANセキュリティやVoIPソリューションなど
  • Networld+Interop 2003 TOKYO開幕。無線LANセキュリティやVoIPソリューションなど
  • Networld+Interop 2003 TOKYO開幕。無線LANセキュリティやVoIPソリューションなど
  • Networld+Interop 2003 TOKYO開幕。無線LANセキュリティやVoIPソリューションなど
  • Networld+Interop 2003 TOKYO開幕。無線LANセキュリティやVoIPソリューションなど
  • Networld+Interop 2003 TOKYO開幕。無線LANセキュリティやVoIPソリューションなど
会場
 インターネット・ネットワーク関連の展示会であるNetworld+Interop 2003 TOKYOが、千葉市の幕張メッセで開幕した。さまざまなジャンルの製品やソリューションが展示されていたが、IP電話関連のソリューションではT.38に対応した「VoIP+G3 FAX」の実演展示、無線LANでは、「無線LANスイッチ」が目を引いた。

NTTコミュニケーションズの法人向けIP電話サービスの展示。内線電話の機能を提供する。

 IP電話については、CISCOなどのVoIPゲートウェイのような製品レベルの展示から、NTTコミュニケーションズのIP Centrex、OCN.Phoneのようなサービスまで、さまざまな展示が行われていた。また、VoIP推進協議会はIP電話(SIP、H.323)でファクシミリを使用するための国際標準「T.38」に対応した製品を展示。対応製品は、シスコシステムズや住友電工、沖電気のVoIPゲートウェイ製品や、リコーのIP対応FAXなどだ。T.38についてはファームウェアアップデートで十分対応可能だということで、「IP電話ではFAXが使えない」という状況はすでに過去のものになりつつある。

左がIP電話対応FAX、右がVoIP GW2機種(住友電工およびシスコ)で、いずれもT.38に対応

 無線LANのセキュリティでは、勝手に設置されたアクセスポイントを検出・ブロックする「無線LANセキュリティスイッチ」といわれる製品や、モバイルIPベースのセキュリティソリューションなどがあった。ファイアウォールの内側にこうした勝手アクセスポイント(勝手AP)があると企業ネットワークのセキュリティホールとなるため、こうした対策に注目が集まってきているという。

 Aruba Wireless Network社の無線LANセキュリティスイッチは、本体の「ARUBA 5000」と、アクセスポイント兼センサの「Air Monitor」の組み合わせとなっており、勝手AP経由での通信開始をAir Monitorが検出すると、その通信を閉じる指示をセンサが発信する。勝手AP経由の通信を妨害する方法はジャミングや通信パケットの飽和ではないため、他のユーザの使用感に影響を与えないという。

無線LANセキュリティスイッチ ARUBA 5000

 また、無線LANスイッチ「Airespace」は、勝手APの検出やアクセスポイント出力の自動制御や使用チャンネルの自動調整、ワイヤレスのVLAN設定など、多数のアクセスポイントやクライアントを統合的に管理できる製品。勝手APからの電波をアクセスポイントが検出すると、画面上にアラートが表示される仕組みだ。また、繰り返しWEP認証をミスしている端末をブラックリスト管理するといった機能も備えている。

こちらはマクニカブースのAirespace

 一方、ルートの無線LANセキュリティ「SECURE IP SOLUTION」は、モバイルIPベースのもので、独自のソフトウェアをインストールして使用する。端末ごとに設定されるAESの暗号鍵を1分ごとに変更するため、通信内容の安全性がより保たれる一方で、設定用のプロファイルを利用することで簡単にセットアップできるなど使い勝手は良いという。無線だけでなく、有線のLANでも利用可能で、すでに九州大学で導入されているほか、病院など医療機関への導入を働きかけているとのことだ。

ルートのSECURE IP SOLUTION対応のPDA。カシオ製で、VoIPによる通話もこのまま可能だ(液晶右上の丸いところがスピーカー、液晶右下のそばにはマイクの穴がある)

 このほかおもしろい展示としては、NTT東日本ブースでは2月に発表された「Moving Firewall」の動展示だろう。Moving Firewallは、複数のファイアウォールが連動、DoS攻撃を水際で自動的にブロックするというもの。ある回線がDoS攻撃で飽和すると、飽和を検知して自動的に帯域を制御が開始され、その後、攻撃元にもっとも近いMoving Firewall機までさかのぼって攻撃遮断のプログラムが複製され、最終的に攻撃者のトラフィックを完全にブロックする。ここまでおおよそ1分程度、完全に自動で動作していたのが印象的だった。

 N+I 2003 TOKYOは、7月4日まで日本コンベンションセンター(通称:幕張メッセ 千葉市)で開催されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top