シマンテック、統合セキュリティ管理システムを7月より出荷開始 | RBB TODAY

シマンテック、統合セキュリティ管理システムを7月より出荷開始

エンタープライズ その他

 シマンテックは、セキュリティ関連の警告情報などを統合的に管理する「Symantec Security Management System(SSMS)」構想に基づく製品群の出荷を、7月15日より開始すると発表した。シマンテック製品以外にも、トレンドマイクロやチェックポイントの製品からも情報を収集・管理できるのが特徴だ。

 SSMSは、大企業やインターネットを多用する企業向けに、セキュリティ管理をより容易にするためのシステムで、今回リリースされるのは、警告情報などの「イベント」を収集管理する「イベント・マネージャ」と、それらのイベント情報をリアルタイムな相関分析により処理し、具体的な対策などを示す頃ができる「インシデント・マネージャ」、そして、他社製品からイベント情報を収集する「イベント・コレクタ」である。

 イベントマネージャは今回、アンチウイルス製品からの情報をあつめる「Symantec Event Manager for Antivirus」と、ファイアウォールからの情報を集める「Symantec Event Manager for Firewall」の2つがリリースされる。

 また、インシデント・マネージャは、検出した不正アクセス情報を自動的に分析、動的に順位付けして報告する機能を持つほか、各インシデントに担当者をアサインし、最終的に処理されるまで状態をトラッキングする機能も備える。

 シマンテックではSMSS対応の管理ツールを利用することで、セキュリティ管理者のリソースを監視作業からリスク回避にまわすことができるようになるとしている。

■製品ラインアップ
インシデント・マネージャ
・Symantec Incident Manager

イベント・マネージャ
・Symantec Event Manager
  ・Symantec Event Manager for Antivirus
  ・Symantec Event Manager for Firewall

イベント・コレクタ
・Symantec Event Collectors
  ・Symantec Event Collector for Trend Micro Gateway and Groupware
  ・Symantec Event Collector for CheckPoint VPN-1 / Firewall-1

(※ Symantec Incident ManagerにはSymantec Event Manager for AntivirusおよびSymantec Event Manager for Firewallのライセンスが含まれる)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top