[コラム]インターネットサービスと人々の多様な意識〜Yahoo! BB路上勧誘の妥当性は? | RBB TODAY

[コラム]インターネットサービスと人々の多様な意識〜Yahoo! BB路上勧誘の妥当性は?

ブロードバンド その他

 Yahoo! BBの「路上勧誘」については、これまでもずいぶん物議を醸してきました。まあ、当然のことですけど、今回の決算報告によって、やはりとんでもない「持ち出し」であることが判明したことで、どうやら前代未聞のこの長期プロモーションの「手法としての是非」を、本格的に論じる段階に移ってきたようです。

 教科書的な言い方をすると、プロモーションとは、消費者の態度変容や行動促進を働きかけるマーケティング活動ということができます。これは、認知やイメージといった心理的なポジション獲得を狙う広告とは異なる次元の活動です。つまり、広告はマーケティングコミュニケーションの「規模」を作っていく“水平的な”効果を狙うのに対して、プロモーションでは、最終的な目標にむけたマーケティングプロセスを「展開」させていく“垂直的な”効果を図るものということができます。したがって究極のプロモーション活動とは、一人一人を「口説く」こととなり、おのずと活動そのものは局地戦となっていく性質をもっています。(水島久光:コラム本文へ)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top