Webドラマを売りにしたBB動画配信サイト「livedoorストリームライン」、6月下旬にオープン | RBB TODAY

Webドラマを売りにしたBB動画配信サイト「livedoorストリームライン」、6月下旬にオープン

エンタメ その他

 無料プロバイダ「livedoor」に今月下旬ごろ、ブロードバンド動画配信ポータルサイト「livedoorストリームライン」がオープンする。無料プロバイダらしく、すべてのコンテンツを無料で視聴できる。

 「livedoorストリームライン」のメインとなるコンテンツは、全12回配信されるオリジナル連続ドラマである(週1回更新)。その第1弾として、及川中監督によるサイコ・サスペンス「来訪者」が配信される。出演は木内晶子、小野真弓、高田宏太郎ほか。及川中監督は、「富江」(1999年公開)やラヴァーズ・キス(2003年公開)などのヒット作で知られている。

 「来訪者」は、心に闇を抱える人々を守る医療施設が舞台のサスペンスドラマ。ある日、医療施設に不思議な力を持つ青年がやってくる。その青年の持つをめぐり「猜疑」「悪夢」「嫉妬」など、さまざまな人間の感情がうずまいき、何かが壊れていく、とかなりサイコ色の強いドラマのようだ。1話あたりの配信時間は15分、全12話合計で180分のWebドラマだ。毎週金曜日に配信される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top