新しいDynaBook G8はワイヤレスヘッドセット機能を搭載 | RBB TODAY

新しいDynaBook G8はワイヤレスヘッドセット機能を搭載

IT・デジタル その他

新しいDynaBook G8はワイヤレスヘッドセット機能を搭載
  • 新しいDynaBook G8はワイヤレスヘッドセット機能を搭載
 東芝は、ノートPC「DynaBook G8」シリーズを一新した。発売は5月下旬。ノートPCながらPentium4 2GHz以上を搭載したハイスペックマシンとなっているが、注目すべきはワイヤレスヘッドセット機能だ。

 新たな、DynaBook G8シリーズは、80〜60GバイトのHDD、256Mバイト〜512Mバイトのメモリを搭載しているほか、IEEE802.11b/aに対応しており、これらの組み合わせにより4機種用意されている。価格はいずれもオープンプライス。

 これら4機種すべてに内蔵されているBluetoothは、ワイヤレスヘッドセットに対応しており、PCで再生しているDVDやCDなどの音を聞けるほか、再生、停止、一時停止の操作が音声で行える。対応するソフトは、WinDVD 4、BeatJam、Windows Media Player 9。

 対応するヘッドセットは同社の「スピーチレコグナイザーSR-1」となり、G8/X20PDEBには標準添付されている。ほかの機種では、オプションとなり価格はオープンプライス。対応するプロファイルはGAP、SDAP、A2DP、AVRCP、GAVDP、HSPの6つとなる。

スピーチレコグナイザーSR-1
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top