イーフロンティア、今週発病する可能性の高いウイルス3種を発表 | RBB TODAY

イーフロンティア、今週発病する可能性の高いウイルス3種を発表

エンタープライズ その他

 ウイルス対策ソフト「ウイルスキラー」を発売するイーフロンティアは、5月5日から5月11日までに発病する可能性の高いウイルス3種を発表した。詳細は以下のとおり。

ウイルス名Worm.HorseMan
危険度★★★★☆
対象OSWindows95/98/NT/Me/2000/XP
概要管理プログラムのアイコンをダブルクリックすることで、ウイルスが自動的に実行するようにシステムリソース管理プログラムを書き換える。また、OutlookとmIRCネットワークを利用して感染を拡大する。

ウイルス名Harm.KillFiles.ag
危険度★★★★☆
対象OSWindows95/98/NT/Me/2000/XP
概要レジストリに適当な数字を書き込み、コンピュータが起動するごとにカウントダウンする。数字が0になると一部のシステムファイルを削除する。また、同時にCドライブをフォーマットする。

ウイルス名Script.Sunday
危険度★★★☆☆
対象OSWindows95/98/NT/Me/2000/XP
概要毎週日曜日に発病し、発病時にメッセージボックスを表示する。また、レジストリを変更してキーボードとマウスを利用不能にする。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top