NTT東西、フレッツサービスの一部で請求ミス。過剰請求は合計1,698件、総額1,744万円 | RBB TODAY

NTT東西、フレッツサービスの一部で請求ミス。過剰請求は合計1,698件、総額1,744万円

ブロードバンド その他

 NTT東とNTT西は、フレッツサービスの一部において請求ミスがあったことを明らかにした。過剰請求は合計1,698件、総額1,744万円となる。

 NTT東においては、フレッツ・ADSLが62件(237万円)とフレッツ・ISDNは51件(134万円)の過剰請求があったとしている。一方のNTT西においては合計1,585件で、金額の内訳は、フレッツ・ISDNは172万円、フレッツ・ADSLは1,104万円、Bフレッツは97万円。これらに該当するユーザに関し、個別に説明したうえで、間違って徴収した料金に相当額の利息も加えた額を返還するとのことだ。

 また、利用しているにもかかわらず、請求していなかったケースもあり、こちらはNTT東が138件、NTT西が1,945件となっている。こちらのケースに関しては、ユーザに事情を説明したうえで改めて料金を請求するとしてる。

 両社では原因として、ユーザを管理する「お客様情報システム」と料金を管理する「料金請求システム」の連携が不十分だったことを挙げている。なお、NTT東については3月末までにユーザへの対応は終了しており、NTT西においては5月末までに完了する予定だとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top