相鉄沿線を舞台とした無線LAN倶楽部トライアル、沿線利用者から新規モニタを募集 | RBB TODAY

相鉄沿線を舞台とした無線LAN倶楽部トライアル、沿線利用者から新規モニタを募集

ブロードバンド その他

 公衆無線LAN実験「相鉄ワイヤレスインターネット powered by 無線LAN倶楽部」が、ついにその門戸を一般モニタにも開いた。従来の登録モニタに加え、相鉄利用者から新規モニタの募集を開始したのである。

 「相鉄ワイヤレスインターネット powered by 無線LAN倶楽部」は、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTT-BP)と相模鉄道(相鉄)の2社が共同で行っているトライアルサービス。3月1日より相鉄ワイヤレスインターネット実験の登録モニタと横浜ケーブルビジョンが募集した新規モニタを対象に無料トライアルを行っていた。トライアル期間は、従来発表通り6月30日までで、7月1日からは商用サービスに移行する予定である。
《RBB TODAY》

特集

page top